パーフェクトシムチャレンジ(38)

パーフェクトシムチャレンジ

パーフェクトシムチャレンジ(38)

寺院最奥の宝箱を開ける。
この彩色鮮やかな箱には、いいお宝が入っている。

この階にはもう一つ宝箱があったので、それも開けた。
運が良いと宝箱は3つあるけど今回はなかった。残念だ。

宝箱を開けたら、残りは遺物の発掘だ。
発掘現場を設置して発掘作業してたら、寺院の守護者が来た。
…残念だ。
実に残念だ。
やっぱりガイコツ姿の時に来たら良かった(;^ω^)

この寺院の守護者はとても変わっている。
普通は守護者と言ったら、宝を盗むようなヤツを追い払う役目だと考えるけど、
ここの守護者と来たら、ガイコツジョークを披露することが目的なのだから(;^ω^)

ガイコツがクロエに飽きてどっかに行った後、神秘の秘宝を組み立てる。

よし組みあがった。

更にクリスタルを嵌め込む。
これで出来上がり。
後で使ってみることにしよう。

宿に戻って土の塊から遺物を掘り出す。
遺物も綺麗にして、やっと剣だのドクロだのと言った正体が分かる。
発掘というのは、実に手間のかかる作業だ。

そういう作業に飽きてきたら、市場でSelvadorada料理を食べる。
今回はエンパナーダ・デ・ヴェルデを食べる。

そしてまた発掘。
ここでやれることは、釣りか発掘かお宝探しくらいだからね。

組み立てた神秘の秘宝を使ってみる。
使った結果、『パラムパルソーと混沌の秘宝』だと判明。
“ランダムなシムと知り合える”という効果がある。
いつの間にか、交遊関係の欄に知らないシムが一人増えてた。
現実で考えると、危な過ぎて迷惑でしかない効果だけども(;^ω^)
(どんな人物かも分からない相手と知り合いたくない)

更に『トテカラマと監視者の秘宝』も使ってみる。
この時は、古代人のクシャミの呪いにかかった(;^ω^)
これは誰彼構わず伝染するという、迷惑なヤツだ。
クロエは怖いもの知らずだから平気だけど、周りのシムが危ないので自宅へ帰ることにする。

こんな時は引き籠って、鑑定作業するに限る。
遺物もたくさんあるしね(;^ω^)

鑑定に飽きたら、考古学の本を書く。

クシャミの呪いが治まった後に、友人に考古学の講義をした。

これで『考古学者』の願望を達成した。

そして再度Selvadoradaへ。

以前と同じように、マシェットで道を切り開く。
このジャングルは生命力が凄まじいのか、それとも呪いなのか、すぐに道が閉ざされる。
ここを訪れる度に毎回道を切り開かないといけない。

宝箱を見つけて、またお宝を手に入れる。

お目当てはやっぱり寺院だ。


次に続く(下からどうぞ)

パーフェクトシムチャレンジの最初の記事はこちらから↓

パーフェクトシムチャレンジ(1)
タイトルとURLをコピーしました