パーフェクトシムチャレンジ(25)

パーフェクトシムチャレンジ

パーフェクトシムチャレンジ(25)

薬作りに疲れたらリサイクルなどしてみる。

そしてまた薬作り。
一流の魔法使いへの道は、とても地道で大変だ。

『太陽光の輪』の期末プレゼンテーションへ出かける。

プレゼンが済んだら、サイドワークで小遣いを稼ぐ。
その後、『生物学における数学』の講義に行った。

講義から帰ってパイプオルガンの練習をして、次の講義開始を待つ。

『太陽光の輪』の講義を受ける。
続けて『苦悩の遺伝子』の講義も受ける。

屋外で3科目の課題をこなす。

そういえば『薬の調達人』の願望を達成していた。

薬の方は達成したので、次は呪文の方だな。
というワケで、魔法の国へ行って対戦相手を探した。
友人にイーサンと遺物をかけて決闘する。

あっさり負けた(;^ω^)

なのでまた挑む。
2戦目は勝利して、大理石の杖と昔の木の杖をもらった。

次は友人のアンソニーとバトル。

こっちは勝利して、使い魔のオーブ2個(シグザムフクロウ、カラス)をもらった。

次は友人のレジェスとバトル。

これも勝利して、また使い魔のオーブ2個(ヒカリガエル。カラス)をもらった。

これで『魔術学と呪文』の願望を達成した。

巨匠レベルになってたので、モーギンに究極の原始魔法を教えてもらった。

実用魔法の賢者に、究極の実用魔法を教えてもらう。

クリストファーに、究極のいたずら魔法を習う。

魔法はやり切ったので、寮へ戻ってサイドワークをこなす。


次に続く(下からどうぞ)

パーフェクトシムチャレンジの最初の記事はこちらから↓

パーフェクトシムチャレンジ(1)
タイトルとURLをコピーしました