クロゴケグモ(7)END

クロゴケグモ

クロゴケグモ(7)END

満を持して、デニスを自宅へ呼ぶ。
最初は色々と世間話などをしてみる。

そしてプロポーズ。
絶対に断らせないという気迫に満ちている。

その気迫を、自分への情熱と勘違いしたデニスは即座にOKした。
デニスの自宅は売却、子供には$20,000を持たせて独立させた。
ローズの所持金が、$1,222,956になった。
この計画がすべて終わったら、彼女は大豪邸を建てて引っ越すつもりだ。

結婚したので、一応ウフフはしておく。
すぐにあの世へ行ってしまうシムへの、せめてもの思い出に。

デニスはどうやらキレイ好きなようで、起きてからはひたすら掃除してる。

支払い額は$12,488。
ローズの財産からしたら、雀の涙のような額だ。

お腹が空いたデニスは自分で食事を作る。

出来立てをすぐに食べる。
ローズは食べなくても平気な身体なので、一緒に食事はしない。

ローズはヴァイオリンの練習をしている。

3番目の夫のヘクターが、その演奏を聴いてた。

そこへ1番目の夫のジャックが出てきて、会話してる。
自分達が死んだ時のことでも話してるんだろうか…(;^ω^)

デニスは疲れたようで眠ってる。
結婚してから1日を乗り切ったのは、デニスだけだ。
でもそれはローズの愛が深かったからではない。
ローズの企みによって生かされてるに過ぎない。

ジャックがサラダを作ってる。

そしておもむろに食べだした。
この世界のゴーストは食事もするし、トイレも使う(;^ω^)
死んだなら、そんなの必要なさそうなのに。

こっちではヘクターがBBQしてた…(;^ω^)
まったく、ゴースト達は食いしん坊だ。

ローズは庭の手入れをする。
この庭の植物達の方が、よほど夫よりも大切にされているな(;^ω^)

起きたデニスは、また自分で食事を作って食べる。

そしてまた掃除。
新妻の姿が見えないので、気晴らしにやってるようだ。

そして、デニスにお迎えが来た。
彼の寿命をローズは知ってた。
自分が死へと誘わなくとも、すぐにあの世へ行ってしまうと。

ローズは、5番目の夫を見送る。
後で疑われないように、一応涙は流しておく。

そして『クロゴケグモ』の実績をアンロックした。

デニスの骨壺も地下の墓所へ安置された。

遠くないうちに、ローズはこの家を引き払う。
夫達の骨壺はそのままに。
お墓が大好きなヴァンパイア辺りが、きっとこの家を買うだろう。

この後ローズが行くのは、誰も知らない土地だ。
そこでまた幾人かの夫を見送る。
彼女はそれを幾度も繰り返してきた。

それが不老不死を望んだ彼女に与えられた、呪いであり罰だ。
いつか完全にその心を失ってしまっても、彼女はその煉獄で生き続ける。
永遠に。


END

クロゴケグモの最初の記事はこちらから↓

クロゴケグモ(1)
タイトルとURLをコピーしました