SIMS SESSIONS 体験してみた

色々

SIMS SESSIONS 体験してみた

SIMS SESSIONSは6/29~7/7(太平洋時間)の間、開催された。
出演するパフォーマーは、ビービー・レクサ、グラス・アニマルズ、ジョイ・オラドクン。

彼女はウィルソン・クイン。
これからSIMS SESSIONSを体験しに行く。

開催場所は、Willow Creekのマグノリア・ブロッサム(公園)。

時間まで釣りでもしようかと思ったら、何やら所持品の中にチケットが入ってるというお知らせが。

お、あった、あった。青いチケット。

まだ時間前なので、フェスティバル情報を読むと、シムセッションのレッスンを開く、のみ。

『フェスティバル情報を読む』をクリックしたら、場所とパフォーマー情報が出てきた。

『シムセッションのレッスンを開く』をクリックしたら、
他の項目のレッスンと同じような感じで、参加方法が記載されてる。

時間が来たら、グレーアウトしていた『シムセッション会場に移動』がクリックできるように。

もっと公園の手前の方かと思ってたけど、奥の方だったんだな。
なんか想像より規模が小さくて地味…。
他のフェスティバルと同じくらいのを想像してた…。

グッズ屋。

グッズはコレと言って特別なモノはないかな…。
イーゼルとかサッカーボールとか、待ち時間に使えそうなモノを売ってる。

フェスティバルのTシャツは、ちゃんとフェスティバルにちなんだデザインだ。

この奥に掛かってる2枚が、パフォーマー以外のTシャツだな。

食べ物屋。

あちこちの軽食屋で売ってるメニューの、複合タイプのようだ。

エイリアンの青年が木彫りを売ってる。
(ここは空いてたら誰でも販売に使えると思う)

SIMS SESSIONSのシム語かな。
会場はあちら、みたいな看板が、公園中のあちこちに立ってる。

まずは腹ごしらえと、ペパロニピザを食べる。

タウニー達がお目当てのパフォーマーのTシャツを着てる。
3人がジョイ・オラドクンのTシャツ、1人がグラス・アニマルズのTシャツ。

ジェスミンダーがテントの中へ入って行って、中でくつろいでたようだ。

タウニー達が集まり出したと思ったら、ジョイ・オラドクンがステージに出てきた。

おもむろにピアノを弾きながら歌い出す。
シャボン玉の演出がオシャレだ。

うちのクインもノリノリだ(^^)/
周りのタウニーもワーワー言ってる。

違うパフォーマーのTシャツ着てるダンが、一番盛り上がってるな(≧▽≦)

演奏終了したら、観客にご挨拶。

彼女と次のパフォーマーが前座ってことか。

次のパフォーマー、ディブ・ベイリー。
グラス・アニマルズはバンド名ってことかな。

出てきて、みんなに演奏前の挨拶。

おや、今度はオレンジ色の照明とスモークだ。
凝ってるな。

パフォーマーが演奏している間、シム達はそれぞれに楽しんでる。

かなり熱気溢れてる。
あと、ちゃんとパフォーマーの演奏に合わせてピアノ弾くから驚いた。
(ピアノの音やリズムがちゃんと再現されてる)
いや、いつものなんちゃって演奏かと思ってたから…(;^ω^)

演奏が終わったら、みんなに挨拶。

いよいよ、ビービー・レクサの登場。
彼女が今回の目玉かな。

演出も一番凝ってるな。
青いライトにスモークに、背景のキラキラまで。

何か面白い声質のパフォーマーだな。
みんなシム語で歌ってるから、意味はさっぱりだけど(^_^;)

左上のマンチ・ウォルフガングとハリス・フェイが、逆シンクロな動きしてる(^_^;)
このパフォーマーの時の歓声が一番大きいね、やっぱり。

見よ、この盛り上がり!
うちのクインも大喜びだ(^^)/

夜の0時過ぎたので、これでパフォーマーの演奏は終わりらしい。
24時間も続く、ひらめきのバフがついた。

おお、閃きまくっとる。

パフォーマーがいなくなっても、しばらくはピアノ置いてあるようだ。
ホワキンが演奏を始めた。
1本指で(;^ω^)

うちのシムにも弾き語りさせてみた。
いいね、いいね。クインもスターみたいだよ(^^)/

ただし、パフォーマーを見に来たのに、見損ねたらしいシムから
ブーイングくらってたけど…(;^ω^)
(もっと早く来いや)

03:00になったら、テントや舞台一式、すべて消えた。

毎週日曜日の昼12:00から夜中00:00までやってたらしい。

今度はパンダ姿で来るか…。
間違いなく、パフォーマーより目立つけど(^_^;)

END

タイトルとURLをコピーしました