コモレビ山物語(6)

コモレビ山物語

コモレビ山物語(6)

帰ってからたくさん描く。

植物の収穫。
これも地道にちゃんとやる。

お絵描きに疲れたので、景観コースをハイキングに行く。
雪の中の赤い橋のコントラストがキレイだ。

誰も歩いてない雪道、ワクワクする。

このお猿さんの像、何の意味があるんだろうね。
最初に見た時は、見ざる言わざる聞かざるだと思ったけど、
一番右のとか、温泉に入ってるっぽいし。

温泉の近くの練習用の崖で、ロッククライミングの練習を始める。
登山するには、最大レベル6のロッククライミングスキル必要なので。
事前にPCでロッククライミングの装備を買っておいた。
専用のグローブとシューズを装着。

専用のシューズとグローブを着けると、天候が悪い時に滑落死とかし辛くなるようだ。
ただし、専用の装備も修理しないとダメだけど。

ロッククライミングで疲れたら、屋台で海藻ラーメン買って食べる。

お腹が膨れたので、自宅に戻って遺物鑑定。

そして絵画を描く。
どんどんお金も稼がなきゃ。

一度育ってしまえば、植物での稼ぎは美味しい。
ちょっと手間はかかるけど。

青空にシンクロしそうないい絵が描けた。
『非凡な画家』も達成した。

達成したので、気分転換に散策に出かける。
こういうお宝ポイント見つけたら、掘らずにはいられない(^.^)

雪景色に映える赤い鳥居。キレイだな~。
こういう散策コース、リアルでも楽しそうだ。

センバマチで燈明まつりが始まった。
このお祭り、川に浮かんだ灯篭が綺麗で好きだ。

自販機で売ってるお祭りの着物を買うことにする。

何色が出るかはお楽しみ。
(黄色と水色があったような気が…)

あ~黄色が出たか…。
(黄色は個人的に好きじゃないので、ちょっと残念)
あと、着物しか出ないのも残念。
下駄もセットで出して欲しい。
今回はもともと着物コーデしてるから、下駄は最初から履いてたけど。

せっかく買った衣装だけど、好きな色の着物に着替える。
さて、願い事、何を書こうか。

笹飾り綺麗だな~(^.^)
何か紅葉とかあるから、イマイチ季節感がバラバラだけど。


次に続く(下からどうぞ)

コモレビ山物語の最初の記事はこちらから↓

コモレビ山物語(1)
タイトルとURLをコピーしました