第4世代 ビショップ・エオノラ(9)

第1家系 ビショップ家

第4世代 ビショップ・エオノラ(9)

捜査官の日々

警察署へ戻り、化学分析装置で分析する。

情報の登録もする。

登録ステーションで犯人の指紋を入手。

犯罪者の写真を登録する。

犯罪者の検査。

でっかいスポイトとか持ってたけど、コレ、何に使うつもりだろう…。

終了まで時間があるので、他の犯罪者も登録する。

初日が無事に終わって帰宅。

事件現場だった家から回収してきたウォルトの骨壺を、ビショップ家の墓所へ安置した。
いつの間にかビショップ一族も、こんなにシムが死んだんだなぁ…。

パトロールに出たら、友人のフルヘンシオ&ジャックが喧嘩をしていたので注意をする。

一旦署に戻って作業。
証拠が集まったので、指名手配する。

容疑者は、物質主義・スラックス・黒髪・ティーン。

証拠を固めるために、その場にいた2人に質問をする。

緑のタンクトップの青年が物質主義者でティーンだったので、彼を逮捕した。

本部長から厳しいお言葉を頂く。
仕事始めたばかりだっていうのに、けっこう理不尽なことを言われるもんだ(;^ω^)
まぁ…激励だと解釈すれば…なんとか…。

データベースの閲覧をする。

市民から調書を取る。

なんかやたら肌の黒いシムばっかり。
彼は同僚の刑事。
天才・正気でない・悪人という、下手すりゃサイコパスな特質。
まぁ、犯罪に対する才能という点では、刑事も犯罪者も同じなワケだけど。
(向き合い方が真逆なだけでね(;^ω^))

本日の仕事は全クリしたので、他の同僚に挨拶して、今後の仕事をやりやすくしておく。

出勤したエオノラ、捜査マップを開く。

犯罪現場はWindenburgのバー。

目撃者のゴーストから、証言を得る。


次に続く(下からどうぞ)

ビショップ家の最初の記事はこちらから↓

レガシーチャレンジについて
第1世代 ビショップ・イヴ(1)
タイトルとURLをコピーしました